Minitabユーザーインターフェイス

Minitabインターフェイスに表示されるすべてがご自身のプロジェクトの一部です。

Minitabインターフェイスには以下の機能があります。

1: ナビゲーション
プロジェクトの出力されたタイトルのリストがあり、出力されたタイトルは古い方から新しい方へと並び、最新がリストの一番下に表示されます。ナビゲータで出力タイトルを右クリックして、以下のタスクを行います。
  • 出力を分割ビューで開いて、異なるタブの出力と比較します。
  • 出力の名前を変えます。出力の名前を変えると、出力ペインの名前が更新されます。
  • 出力を、Word、PowerPoint、Companion by Minitabなどの異なるアプリケーションに送信します。
  • 分析をプロジェクトから削除します。このアクションを、編集メニューから元に戻せます。
ヒント

プロジェクトに複数のワークシートがある場合、ワークシートごとに出力のリストを表示できます。ナビゲーションから、 ワークシートでコマンドをグループ化するをクリックして選択します。

2:出力ペイン
グラフや表などの出力を、分析実行後に表示します。各分析の出力は単一のタブに表示されます。出力ペインから、以下のタスクを実行できます。
  • タブの内容を変更するには、タグをクリックし、次に 出力タイトルの脇をクリックします。
  • 特定の表またはグラフに変更を加えるには、表またはグラフをクリックし、次に .
  • 現在表示されていない出力を表示するには、ナビゲーションで出力タイトルをクリックします。
ヒント

異なる2つの分析の出力を比較するには、ナビゲーションの出力の二番目の片を右クリックして、分割ビューで開くを選択します。

3:データペイン(ワークシート)
アクティブなワークシートを表示します。データペインで同時に複数のワークシートを開くことができますが、Minitabではアクティブなワークシートのデータが分析の実行に使用されます。
ヒント

ワークシートの名前を変更するには、ワークシートタブで名前をダブルクリックします。

4:コマンドライン/履歴ペイン
デフォルトで、このペインは表示されません。このペインを表示するには、ビュー > コマンドライン/履歴を選択します(. ペインの表示中にMinitabを閉じると、次にMinitabを開いた時にそのペインが表示されます。
コマンドプロンプト
分析を実行するためにコマンド言語を入力または貼り付けできる場所です。
履歴
分析の実行に使うコマンド言語です。コマンドおよびサブコマンドを、履歴ペインで選択して、コマンドプロンプトペインにコピーし、編集し、再び実行することができます。
5:ステータスバー
ステータスバーを使用して、ナビゲータ、データペイン、出力ペインを表示または非表示にします。グラフまたはワークシートを、データペインまたは出力ペインの選択に応じて、拡大または縮小することもできます。
  • ステータスバーをクリックすると、 ナビゲーションを表示または非表示にします。
  • ステータスバーをクリックすると、 出力ペインおよびデータペインを同時に表示します。
  • ステータスバーをクリックすると、 データペインのみを表示します。
  • ステータスバーをクリックすると、 出力ペインのみを表示します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください