再利用可能なODBC Execファイルの作成

ワークシートのアップデートにファイル > データベースを照会 (ODBC)を頻繁に使うのであれば、Execファイルでプロセスを自動化できます。

Execファイルを作成する

  1. ファイル > データベースを照会 (ODBC)を使用してデータをインポートします。 詳細は、ODBCを使用したデータベースからのデータのインポートを参照してください。
  2. 履歴ペインを開くには、CTRL+Kを押します。
  3. 履歴ペインを右クリックして履歴に名前を付けて保存するを選択します。
  4. ファイルの保存先のフォルダを参照します。ファイル名Histogramと入力します。
  5. ファイルの種類から、Exec(*.mtb)を選択します。保存をクリックします。

過去の手順には、履歴ペインのすべてのコマンドが保存されます。履歴ペインから数行のみを保存するには、保存する行を強調表示してNotepadなどのテキストエディタに貼り付けます。ファイル拡張子.mtbを使用してファイルを保存します。

Execファイルの出力列を指定する

Execファイルを実行するたびに同じMinitabワークシートのデータを更新する場合、Execファイルを編集してMinitabワークシートで使用する列を指定する必要があります。

  1. Notepadなどのテキストエディタで、作成したMTBファイルを開きます。
  2. 各ODBCセッションコマンドおよび対応するサブコマンドで、次の操作を実行します。
    1. 最後のサブコマンドの末尾にあるピリオド(.)をセミコロン(;)に置き換え、Enterキーを押します。
    2. 続く行で、データを保存する列を指定します。 たとえば、Columns 1 2 3 4 5と入力します。連続する数値の入力を簡略化するには、たとえばColumns 1:5と入力します。整数の値で定数を定義する場合は、Columns k1 k2 k3 k4 k5Columns k1:k5Columns 1:k5などの行を入力できます。
  3. ファイルを保存してテキストエディタを閉じます。

ODBC;
Connect "DSN=MS Access Database;DBQ=Q:\Mug\Mugmacro.mdb;
DefaultDir=Q:\Mug;DriverId=25;FIL=MS Access;
MaxBufferSize=2048;PageTimeout=5;
SQLString "SELECT 'City', 'Country', 'FirstName', 'LastName' FROM 'Authors'";
Columns 1 2 3 4.

Execファイルを実行する

  1. ファイル > Execを実行するを選択します。
  2. 実行回数を指定します。
  3. ファイルを選択するをクリックします。
  4. 保存したExecファイルを選択し、開くをクリックします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください