マクロとは何ですか。

マクロは、一連のMinitabセッションコマンドを含むテキストファイルです。マクロを使用して、繰り返し作業(たとえば、月次レポートの作成)を自動化したり、Minitabの機能を拡張したり(たとえば、特殊な検定統計量の計算)できます。

Minitabでは、次のタイプのマクロを利用できます。
グローバルマクロ(.MACファイル)
アクティブなワークシートのデータを分析および操作できます。ただし、アクセスする列、定数、および行列のIDはマクロの中で指定する必要があります。そのため、マクロを実行するたびに同じようにワークシートを設定する必要があります。
GMACRO 
NOMISS    
LET K90 = COUNT('X') 
DO K91 = 1:K90 
  IF  'X'[K91] = '*' 
  DELETE  K91:K90 'X' 
    BREAK 
  ENDIF 
ENDDO 
ENDMACRO

このマクロ(NOMISS)は、Xという列で最初の欠損観測値を検索し、その列の残りの部分を削除します。

ローカルマクロ(.MACファイル)
引数の使用や独自のサブコマンドを持つため、グローバルマクロよりも強力で柔軟です。ユーザーは、マクロ実行時に処理するデータを指定することもできます。ただし、ローカルマクロは、グローバルマクロよりも記述が複雑です。
MACRO 
MNSTD x y z 
MCOLUMN x y z v 
MCONSTANT N i k1 k2 
MRESET 
BRIEF 0 
LET N=count(x) 
LET y(1)='*' 
LET z(1)='*' 
DO i=2:N 
COPY x v; 
USE 1:i. 
LET y(i)= MEAN(v) 
LET z(i)= STDEV(v) 
ENDDO 
ENDMACRO

このマクロ(MNSTD)は、列の最初の2行の平均値と標準偏差を計算し、次に最初の3行というように計算していきます。

Execファイル(.MTBファイル)
より簡単な形式のMinitabマクロです。Execは、制御ステートメントを含めたり、実行時の引数やサブコマンドを受け入れたりすることはできません。Execファイルは、実行したばかりの一連のコマンドを再実行する場合に便利です。たとえば、Minitabセッションであらかじめ作成したグラフを再実行する場合などです。履歴ウィンドウのコマンドをハイライト表示して、Execファイルとして保存します。
HISTOGRAM C1 C2;
    YFrequency;
    Bar;
    Panel.

このExecは、2列の度数のヒストグラムを作成してパネル表示します。

Minitabでよく実行する一連の手順を自動化するExec(.MTBファイル)を作成するには、どうすればよいですか。

最も簡単にExecファイルを作成するには、[履歴]フォルダからコマンド言語を保存します。

  1. Execファイルに含めるコマンドを実行します。
  2. CTRL+ALT+Hキーを押して[履歴]フォルダを開きます。
  3. Execファイルに含めるコマンドを選択します。
  4. 右側の枠で右クリックして[名前を付けて保存する]を選択します。
  5. [ファイル名]に適切な名前を入力します(たとえばTEST.MTB)。
  6. [ファイルの種類]リストから[Execファイル(*.MTB)]を選択します。[保存]をクリックします。

Minitabでよく実行する一連の手順を自動化するExec(.MTBファイル)を実行するには、どうすればよいですか。

  1. [ツール] > [Execを実行]を選択します。
  2. [実行回数]を指定します。
  3. [ファイルを選択する]をクリックします。
  4. 目的のファイル(たとえばTEST.MTB)をクリックします。開くをクリックします。
    ヒント

    また、Minitabのショートカット上にExecファイルをドラッグアンドドロップしてExecを実行することもできます。

マクロ内でODBC(Open Database Connectivity)を使用できますか。

はい。ローカルマクロ内ではCOLUMNSサブコマンドを使用する必要があります。COLUMNSは、Minitabワークシートのどの列がデータを保持するかを指定します。グローバルマクロまたはExecファイルでは、COLUMNSサブコマンドを使用せずにODBCコマンドを実行すると、グローバルワークシートの末尾に新しいデータが配置されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください