要約統計量からの管理図

このマクロは、要約データを使用してXbar管理図およびR管理図またはS管理図を作成します。

マクロをダウンロードする

ダウンロードしたマクロの場所をMinitabが見つけられるようにします。[ツール] > [オプション] > [一般]を選択します。[マクロの位置]でマクロファイルを保存する場所を参照します。

重要

古いWebブラウザを使用している場合、[ダウンロード]ボタンをクリックしたときに、Minitabマクロと同じ.mac拡張子を使用するQuicktimeでファイルが開く場合があります。マクロを保存するには、[ダウンロード]ボタンを右クリックして[対象をファイルに保存]を選択します。

必須入力項目

  • 平均値の1つの値または列
  • サブグループサイズの1つの値または列
  • 標準偏差または範囲の1つの値または列

オプション入力

TEST K
特殊原因でのデフォルト以外の検定(1~8)を指定する場合に使用します。
  • 1 - 1点が中心線から3標準偏差を超えている
  • 2 - 連続する9点が中心線に対して同じ側にある
  • 3 - 連続する6点が増加、または減少している
  • 4 - 連続する14点が交互に増減している
  • 5 - 3点中2点が中心線から2σを超えている(同じ側)
  • 6 - 5点中4点が中心線から1σを越えている(同じ側)
  • 7 - 連続する15点が中心線から1σ内にある(両側)
  • 8 - 連続する8点が中心線から1σを越えている(両側)
HPROCESS C
履歴グループ列を指定して工程データの履歴段階を定義する場合に使用します。管理限界と中心線が各段階内で個別に推定されます。段階は、その他のMinitabグラフコマンドでのグループとよく似ています。したがって、HPROCESS列はその他のグラフコマンドのグループ変数に似ていますが、例外として、列内の値が変更されるたびに新しい段階が開始します。これは管理図コマンドでのサブグループの動作と同じです。

マクロの実行

C1に平均があり、すべてのサブグループのサイズが3で、C3に各サブグループの範囲があるとします。マクロを実行するには、[編集] > [コマンドラインエディタ]を選択し、次のコマンドを入力します。

%QCSUMMARY;
MEAN C1;
RANGE C3;
SIZE 5.

[コマンドを発行する]をクリックします。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください