欠損値の平滑値での置き換え

このマクロは、線形関係であると仮定することで欠損値を処理する平滑化手法を使用して、列内の欠損値を置き換えます。データ列内の欠損値は、その周辺のデータの「平均」に置き換えられます。欠損値が1つの場合は、その前後の観測値に置き換えられます。欠損値が複数ある場合は、既知の値間の「ステップ」で置き換えられます。

マクロをダウンロードする

ダウンロードしたマクロの場所をMinitabが見つけられるようにします。[ツール] > [オプション] > [一般]を選択し、[マクロの位置]でマクロファイルを保存する場所を参照します。

重要

古いWebブラウザを使用している場合、[ダウンロード]ボタンをクリックしたときに、Minitabマクロと同じ.mac拡張子を使用するQuicktimeでファイルが開く場合があります。マクロを保存するには、[ダウンロード]ボタンを右クリックして[対象をファイルに保存]を選択します。

必須入力項目

  • 数値の列
  • 結果を保存する空の列。

オプション入力

マクロの実行

C1のデータを平滑化して、元のデータをC2に保存するとします。マクロを実行するには、[編集] > [コマンドラインエディタ]を選択し、次のコマンドを入力します。

%SMOOTH C1 C2

[コマンドを発行する]をクリックします。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください