自由度1のTukeyの非加法性の検定

このマクロは、1回の反復による2因子実験の交互作用の検定である、自由度1のTukeyの非加法性の検定を実行します。

マクロをダウンロードする

ダウンロードしたマクロの場所をMinitabが見つけられるようにします。[ツール] > [オプション] > [一般]を選択し、[マクロの位置]でマクロファイルを保存する場所を参照します。

重要

古いWebブラウザを使用している場合、[ダウンロード]ボタンをクリックしたときに、Minitabマクロと同じ.mac拡張子を使用するQuicktimeでファイルが開く場合があります。マクロを保存するには、[ダウンロード]ボタンを右クリックして[対象をファイルに保存]を選択します。

必須入力項目

1回の反復による2因子実験の結果を含む3つの列

オプション入力

ALPHA K
検定のデフォルト有意水準(0.05)を変更する場合に使用します。

マクロの実行

ワークシートのC1~C3に2因子実験の次の結果があるとします。

C1 C2 C3
温度 圧力 Y
40 20 7.9
40 25 11.3
40 30 13.5
50 20 12.7
50 25 10.9
50 30 10.2
60 20 11.3
60 25 10.8
60 30 11.0

マクロを実行するには、[編集] > [コマンドラインエディタ]を選択し、次のコマンドを入力します。

%TUK1DF C3 C1 C2

[コマンドを発行する]をクリックします。

非加法性と誤差の両方の平方和、有意水準、検定統計量、棄却値、結論がセッションウィンドウに表示されます。

追加情報

「この検定は、非加法性(交互作用)と誤差の成分により、残差平方和を自由度1成分に分割します...

Douglas C. Montgomery, Design and Analysis of Experiments, 第5版, 2001, pp 191-194.

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください