回帰でのジャックナイフ法の使用例 本線

このマクロは、ジャックナイフ法を使用した回帰から平均平方誤差(MSE)と係数を取得する簡単な例です。反復ごとに1つのデータ行が除外され、その削減されたデータセットで回帰を実行し、MSEと係数を保存します。このプロセスがデータ行ごとに繰り返されます。反復ごとのMSEと係数は、セッションウィンドウの表に表示されます。

マクロをダウンロードする

ダウンロードしたマクロの場所をMinitabが見つけられるようにします。[ツール] > [オプション] > [一般]を選択し、[マクロの位置]でマクロファイルを保存する場所を参照します。

重要

古いWebブラウザを使用している場合、[ダウンロード]ボタンをクリックしたときに、Minitabマクロと同じ.mac拡張子を使用するQuicktimeでファイルが開く場合があります。マクロを保存するには、[ダウンロード]ボタンを右クリックして[対象をファイルに保存]を選択します。

必須入力項目

  • 応答データの列
  • 予測変数の1つ以上の列

マクロが正常に実行されるように、予測変数はC1~C3やC9~C25といった連続する列内になければなりません。

マクロの実行

応答データがC1にあり、予測変数がC2~C5にあるとします。

マクロを実行するには、[編集] > [コマンドラインエディタ]を選択し、次のコマンドを入力します。
%regjack C1 C2 - C5

[コマンドを発行する]をクリックします。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください