要約データ、度数データ、および生データの比較

カテゴリ内のすべての観測値を要約するデータは、要約データと呼ばれます。要約は、観測値、発生回数、その平均値などを合わせたものです。要約が発生回数である時は度数データと認識されます。ワークシートの各行が個々の観測値を表す生データとは対照的です。

  • 度数データを取得するには、統計 > > 個別変数毎合計を選択します。ワークシートに結果を保存していることを確認します。
  • 発生回数以外にも要約データを取得するには、統計 > 基本統計 > 記述統計量保存を選択します。

生データ

工場に生産エラーがある時、管理者はワークシートにどの工場かを記録します。
C1-T
工場
A
A
B
A
D
...

度数データ

管理者はそのワークシートに発生回数を記します。最初の行には、A工場に106個のエラーがあったことが表示されます。
C1-T C2
工場 生産エラー
A 106
B 127
C 186
D 155

要約データ

管理者がエラーの合計数ではなく平均数を計算したいとします。1年を通じたそれぞれの工場の週ごとの生産エラー数を記録します。ワークシートには工場名の列とその週のエラー数の列があります。管理者の記録データは年間であるため、ワークシートには208行あります(52週 x 4工場)。データ管理者は要約データを使用して各工場の週ごとの平均エラー数を計算できます。
C1-T C2
工場 週ごとの生産エラーを平均する
A 2.1
B 2.4
C 3.6
D 3.0
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください