カイ二乗適合度検定の概要

カイ二乗適合度検定を用いて、各カテゴリのアイテムの比率が指定した比率と大きく異なっているかを判定します。比率がカテゴリ全体と等しい(一様)かを調べ、各カテゴリの異なる比率または各カテゴリの経験度数を特定することができます。

たとえば、調査員が、特定の色の靴を好む人のサンプル比率が次の表の値と一致するかどうかを割り出すとします。
比率
0.2
0.3
0.4
0.1 他の色

この分析の場所

カイ二乗適合度検定を実行するには、統計 > > カイ二乗適合度検定 (1変数)を選択します。

他の分析を使用する場合

第1の変数に対する観測値の分布が第2の変数のカテゴリに応じて異なるかを判定する場合は、クロス集計とカイニ乗を用います。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください