2水準要因計画またはPlackett-Burman計画の検出力とサンプルサイズの分析で使用する頂点の数の決定

2水準要因計画またはPlackett-Burman計画の検出力とサンプルサイズの分析で使用する頂点の数を決定するには、2水準要因計画の要約表を調べます。因子数に見合った頂点の数を指定しなければなりません。たとえば、6因子の完全実施要因計画なら頂点は64個ですが、6因子の一部実施要因計画では8個、16個、または32個になります。

Plackett-Burman計画の場合、頂点の数は因子数よりも多くなければなりません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください