許容限界区間のためのサンプルサイズの分析オプションの指定

統計 > 検出力とサンプルサイズ > 許容限界区間のサンプルサイズ > オプション

信頼水準、母集団のカバー範囲がp*を超える確率、および許容限界区間のオプションを指定します。

信頼水準
信頼区間の信頼水準を入力します。通常、95%の信頼水準が適切です。
母集団の対象範囲がp*を超える確率
母集団のカバー範囲が区間内の母集団の指定可能な最大パーセントを超える確率を入力します。一般的な値は0.01、0.05、および0.1などです。値を大きくすると、指定する目標よりも大きな母集団のパーセントを含む許容限界区間になる可能性があります。
許容限界区間
使用する許容限界区間または限界のタイプを選択します。
  • 両側:許容限界区間を上限と下限と共に使用します。
  • 下限:下限のみを使用します。下限は、母集団の最小パーセントがその値よりも大きくなる可能性が高い値です。
  • 上限:上限のみを使用します。上限は、母集団の最小パーセントがその値よりも小さくなる可能性が高い値です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください