2サンプルtの検出力とサンプルサイズの例

ある医療コンサルタントが2つの病院の患者満足度評価を比較しようとしています。コンサルタントは、2サンプルt検定のためのデータを収集する前に、検出力とサンプルサイズの計算によって、確率90%(検出力0.9)で5の差を検出するために必要なサンプルサイズを調べます。以前の調査から評価の標準偏差は10だということが分かっています。

  1. 統計 > 検出力とサンプルサイズ > 2サンプルtを選択します。
  2. に「5」と入力します。
  3. 検出力に「0.9」と入力します。
  4. 標準偏差に「10」と入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

検出力0.9で5の差を検出する場合、最小で86のサンプルサイズを収集する必要があります。目標検出力値の0.9となるサンプルサイズは整数ではないため、Minitabでは整数値のサンプルサイズの検出力(実際の検出力)も表示されます。

検出力とサンプルサイズ

2サンプルt検定 帰無仮説 平均1 =平均2 (対立仮説 平均1≠平均2) 平均1 =平均2 +差に対する検出力の計算 α= 0.05 仮定された標準偏差= 10
結果 サンプル 目標検 差 サイズ 出力 実際の検出力 5 86 0.9 0.903230 サンプルサイズは各グループに対するものです。

2サンプルt検定の検出力曲線

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください