1サンプル同等性検定の検出力とサンプルサイズの分析オプションの選択

統計 > 検出力とサンプルサイズ > 同等性検定 > 1サンプル > オプション
同等ではない場合に同等性を主張するリスク水準(アルファ)

検定のリスク水準(αまたはアルファと表されます)を指定します。通常は0.05のαが有効に機能します。αが0.05であるということは、帰無仮説が実際には真である時に棄却するリスク(タイプIの誤り)が5%であることを示します。

αの値は業界ガイドラインによって設定されることがよくあります。αに0.01などのより小さい値を使用すると、タイプIの誤りのリスクを低減できます。たとえば、デフォルトの仮説を使用して同等性検定を実行する場合、より小さいαを使用することによって、実際には同等でない場合に同等であると判断するリスクが低減されます。ただし、αが小さくなると、検定が過度に控えめになり、実際には同等である場合に同等であると判断できなくなるリスクが高まります。

α値により、信頼区間に対する信頼水準も設定されます。デフォルトでは、信頼水準は(1 – α) × 100%です。たとえば、αが0.05の場合、信頼区間は95%であると計算されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください