マン-ホィットニー検定の概要

次の分析を行うには、マン-ホィットニー検定を使用します。
  • 2つのグループの母集団中央値が異なるかどうかを判断します。
  • 母集団中央値間の差を含む可能性が高い値の範囲を計算します。

たとえば、経営コンサルタントが2つの会社の給与台帳を比較して、給与の中央値が異なるかどうかを確認するとします。2つの会社の中央値が異なる場合、コンサルタントは、信頼区間を使用して差が実質的に有意かどうかを判断します。

この分析の場所

Mann-Whitneyを実行するには、統計 > ノンパラメトリック > Mann-Whitneyを選択します。

他の分析を使用する場合

各サンプルの観測値の数が15より多い場合、またはデータが大きく歪んでいない場合は、検定の検出力が高いため、2サンプルtを使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください