1サンプル符号検定の仮説検定を実行する

統計 > ノンパラメトリック > 1サンプル符号検定

仮説検定を実行し、検定中央値を入力し、対立仮説を選択します。

  1. 仮説検定を実行するには、検定中央値を選択して値を入力します。 仮説検定を使用して、母集団中央値(ηとして表記)が指定する仮説中央値(η0として表記)と有意に異なるかどうかを判定します。 検定を実行しない場合でも、Minitabには、母集団中央値が含まれる可能性が高い値の範囲を示す信頼区間が表示されます。詳細は、仮説検定とはを参照してください。
  2. 検定中央値の値を入力します。検定中央値として入力する値により、帰無仮説(H0:η = η0)を定義します。この値を、目標値または参照値と考えます。 たとえば、新開発の制酸剤によって鎮痛効果が現れるまでの時間の中央値が12分と異なるかどうかを判定する場合、化学者は検定中央値として12と入力します(H0:η = 12)。
  3. 対立仮説から、検定する仮説を選択します。
    仮説値より小さい

    この片側検定を使用して、母集団中央値が検定中央値より小さいかどうかを判定し、上限を取得します。この片側検定の検出力は高いですが、母集団中央値がいつ大きくなったかは検出できません。

    たとえば、ある研究者がこの片側検定を使用して薬の効果が表れるまでの時間の中央値が12分より小さいかどうかを判断するとします。この片側検定の検出力は高く、中央値が12よりも小さいかどうかは判定できますが、中央値が12よりも大きいかどうかは検出できません。

    仮説値と等しくない

    この両側検定を使用して、母中央値が検定中央値と異なるかどうかを判定し、両側信頼区間を取得します。両側検定により、仮説値より小さい差か大きい差かは検出できますが、検出力は片側検定の場合よりも低くなります。

    たとえばある検査担当者が、ステンレスのクロム含有率の中央値が既定値の0.18と異なるかどうかを検定します。規定値との差は重要なため、検査担当者はこの両側検定を使用して中央値が規定値より大きいか小さいかを判定します。

    仮説値より大きい

    この片側検定を使用して、母集団中央値が検定中央値より大きいかどうかを判定し、下限を取得します。この片側検定の検出力は高いですが、母集団中央値がいつ検定中央値より小さくなったかは検出できません。

    たとえば、病院の管理者がこの片側検定を使用して、患者の満足度評価の中央値が90よりも高いかどうかを判定するとします。この片側検定の検出力は高く、中央値が90よりも高いかどうかは判定できますが、中央値が90よりも低いかどうかは判定できません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください