対応のあるデータを使用した同等性検定の概要

対応のあるデータを使用した同等性検定を使用して、対応のある(従属)観測値がある場合に、検定母集団の平均が参照母集団の平均と同等であるかどうかを評価します。

対応のあるデータを使用した同等性検定を使用する場合、参照平均値と同等であると見なすのに「十分近い」値の範囲を指定する必要があります。この同等性区間は同等性の範囲とも呼ばれ、製品または工程に対する知識に基づき、検定を実行する前に判断する必要があります。分析者は次に、母平均間の差(または比)が同等性区間に完全に含まれていると主張するのに十分な証拠があるかどうかを判断します。

たとえば、ある分析者は新しい血糖測定器が現在承認済みの血糖測定器と同等であるかを検定したいと考えています。分析者は、新しい測定器の測定値が現在の測定器の±20%以内であれば、同等であると見なします。分析者は、同じ人の血糖値を2回測定し、1回は新しい(検定)測定器を使用し、もう1回は現在承認済みの(参照)測定器を使用します。測定値はそれぞれの人の対応のあるデータ(従属観測値)です。検定平均値と参照平均値の比の信頼区間が同等性区間(0.80, 1.20)に完全に含まれている場合、2つの血糖測定器は同等です。

対応のあるデータを使用した同等性検定を使用して、優越性検定および劣等性検定を実行し、検定母集団の平均が参照母集団の平均より大きいか小さいかを評価することもできます。

この分析の場所

対応のあるデータを使用した同等性検定を実行するには、統計 > 同等性検定 > 対応のあるを選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください