偏相関係数を計算する

触媒比と防しわ性の評価の間の偏相関を計算し、ホルムアルデヒド濃度の影響を除外するとします。

  1. ホルムアルデヒド濃度の評価を回帰し、残差を保存します。
    1. Minitabサンプルデータセット防皺性.MTWを開きます。
    2. 統計 > 回帰 > 回帰 > 回帰モデルの当てはめを選択します。
    3. 応答評点を入力します。連続予測変数濃度を入力します。
    4. 保存をクリックし、残差をチェックします。各ダイアログボックスでOKをクリックします。
  2. ホルムアルデヒド濃度の触媒比を回帰し、残差を保存します。
    1. 統計 > 回帰 > 回帰 > 回帰モデルの当てはめを選択します。
    2. 応答触媒比を入力します。連続予測変数濃度を入力します。
    3. OKをクリックします。
  3. 2つの残差の列の相関係数を計算します。
    1. 統計 > 基本統計 > 相関を選択します。
    2. 変数残差1および残差2を入力します。OKをクリックします。
    結果は0.765で、触媒比と防しわ性の評価の間には、これらの変数とホルムアルデヒド濃度の間の線形関係を除外した後でも、強い線形関係が残ることを示しています。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください