2サンプルの分散で表示する結果を選択する

統計 > 基本統計 > 2サンプルの分散 > 結果

出力に含む結果を選択します。
方法
帰無仮説、対立仮説、有意水準(αまたはアルファで示される)を含む方法に関する情報を表示します。
統計量
各サンプルの標準偏差、各サンプルの分散、各サンプルの標準偏差または分散の信頼区間を含む記述統計量を表示します。Minitabでは、標準偏差の比と分散の比も表示されます。
信頼区間
標準偏差の比と分散の比の信頼区間を表示します。
検定
自由度、検定統計量、p値を含む検定の結果を表示します。サンプルサイズが等しくない場合、MinitabはBonettの方法の検定統計量を計算できません。ただし、信頼区間の手順を逆にすることで、p値を計算できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください