2サンプルの分散の例

ある医療コンサルタントが2つの病院の患者満足度評価を比較しようとしています。コンサルタントは各病院の20人の患者から評価を収集します。

コンサルタントは、2つの病院の患者の評価で標準偏差の違いがあるかどうかを調べるために2サンプルの分散検定を実行します。

  1. サンプルデータ病院比較.MTWを開きます。
  2. 統計 > 基本統計 > 2サンプルの分散を選択します。
  3. ドロップダウンリストから、両方のサンプルが1つの列にあるを選択します。
  4. サンプル評定を入力します。
  5. サンプルID病院を入力します。
  6. OKをクリックします。

結果を解釈する

帰無仮説では、標準偏差間の比が1であると仮定します。p値がどちらも有意水準(αまたはアルファで示される)0.05より大きいため、コンサルタントは帰無仮説を棄却できません。コンサルタントには2つの病院の標準偏差が異なると結論付けるのに十分な証拠がありません。

2サンプルの検定および信頼区間: 評定 vs 病院

方法 σ₁: 病院 = Aの場合の評定の標準偏差 σ₂: 病院 = Bの場合の評定の標準偏差 比: σ₁/σ₂ BonettおよびLeveneの方法は、どの連続分布でも有効です。
記述統計量 σに対す 病院 N 標準偏差 分散 る95%信頼区間 A 20 8.183 66.958 (5.893, 12.597) B 20 12.431 154.537 (8.693, 19.709)
標準偏差の比 Bonettを使 Leveneを使 用し 用し た比に対す た比に対す る95%信頼区 る95%信頼区 推定比 間 間 0.658241 (0.372, 1.215) (0.378, 1.296)
検定 帰無仮説 H₀: σ₁ / σ₂ = 1 対立仮説 H₁: σ₁ / σ₂ ≠ 1 有意水準 α = 0.05
検定統 方法 計量 DF1 DF2 p値 Bonett 2.09 1 0.148 Levene 1.60 1 38 0.214
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください