Gap合算の計算の規格限界の計算

LSL

要素の下方規格限界

指定されていない場合は、要素の長期ベンチマークZおよび要素の長期標準偏差を使用してここに示すように計算されます。

望目特性

要素の望目特性

指定されていない場合は、平均が使用されます。

望目特性 = Ti

USL

要素の上方規格限界

指定されていない場合は、要素の長期ベンチマークZおよび要素の長期標準偏差を使用してここに示すように計算されます。

Z.LSLi

要素の下方規格限界の長期Zスコア

Z.USLi

要素の上側規格限界の長期Zスコア

PPM.LSLi

下方規格限界に関連する欠陥数をPPMで表したものです。

PPM.LSLi = Φ(–Z.LSL) * 106

PPM.USLi

上方規格限界に関連する欠陥数をPPMで表したものです。

PPM.USLi = Φ(–Z.USL) * 106

PPM.Totali

両規格限界に関連する欠陥数をPPMで表したものです。

PPM.Totali = PPM.LSLi + PPM.USLi

%Y.FTi

i番目の要素の初回歩留りをパーセント単位で表した値

DPUi

単位あたりの欠陥数

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください