グループ変数を含むパレート図の例

ある自動車用品会社の品質エンジニアが、塗装不良のために不合格となる車のドアパネルの数を減らしたいと考えています。

エンジニアは、塗装不良のタイプとドアパネルが製造されたシフトとの間に何らかの関係があるかを調べようとしています。

  1. サンプルデータ塗装の欠陥.MTWを開きます。
  2. 統計 > 品質ツール > パレート図を選択します。
  3. 欠陥データまたは属性データのある場所に、欠陥を入力します。
  4. グループ変数に、シフトを入力します。
  5. デフォルト (1グラフにすべて、バーは同じ順序で表示)を選択します。
  6. このパーセントを超える残りの欠陥項目を1つにまとめるを選択し、「95」と入力します。
  7. OKをクリックします。

結果を解釈する

この例において、管理図には、欠陥品のほとんどが「はがれ」と「傷」によるものであり、全体的に見ると夜間シフトでほとんどの欠陥品が生じていることが示されています。エンジニアは、これらの欠陥が夜間シフト中に最も一般に発生する理由を調査する必要があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください