個別の分布の識別の分析のオプションを選択する

統計 > 品質ツール > 個別の分布の識別 > オプション
グラフウィンドウごとに1つの確率プロットを表示
グラフウィンドウあたり1つの確率プロットを表示するように選択します。Minitabには、デフォルトで、グラフウィンドウあたり4つの確率プロットが表示されます。
確率プロットに信頼区間を表示しない
信頼区間を含めずに確率プロットを表示するように選択します。
信頼水準
0~100の信頼水準を入力します。通常は95%の信頼水準が適切です。95%の信頼水準は、工程から100個のランダムなサンプルを収集した場合に、約95個のサンプルの信頼区間に工程の百分位数の実際の値が含まれている(すべての工程データが収集、分析可能な場合)と期待されることを示します。
与えられたデータセットに対して、信頼水準が低いほど信頼区間は狭く、信頼水準が高いほど信頼区間は広くなります。また、区間の幅はサンプルサイズが大きくなるほど狭くなる傾向があります。したがって、次のように、サンプルサイズに応じて95%以外の信頼水準を使用する場合もあります。
  • サンプルサイズが小さい場合、95%の信頼区間は広すぎて有用ではない可能性があります。信頼水準を90%などに下げることにより、信頼区間が狭くなります。ただし、その区間に百分位数の実際の値が含まれる尤度は低くなります。
  • サンプルサイズが大きい場合、99%などの高い信頼水準を使用することを検討します。サンプルが多ければ、信頼水準が99%であっても適度に狭い区間が得られ、区間に百分位数の実際の値が含まれる尤度を高くできる可能性があります。

Yスケールタイプ、グラフの方向、およびツール > オプション > 個別グラフ > 確率プロットを使用してプロット点を計算する方法を指定できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください