個別の分布の識別の概要

個別の分布の識別を使用して、分析を実行する前に、データの適切な分布または変換を特定します。

工程能力分析などの多くの統計分析は、データが特定の分布に従うという仮説に基きます。個別の分布の識別では、以下を実行可能にする確率プロットと適合度検定が用意されています。

  • 14種類の分布のうちデータに最も適合する分布を判断します。
  • 変換が正規分布へのデータ適合に有効かどうかを判定します。

たとえば、フロアタイルの製造メーカーが、製造工程で歪みのないタイルを製造する工程能力を評価するとします。品質分析者は、タイルのランダムサンプルで歪みを測定してデータを記録します。歪みデータの分布は不明なため、分析者は個別の分布の識別を使用し、ワイブル分布が最適な適合を示すと判断します。そのため分析者は、非正規工程能力分析を使用し、ワイブル分布に基づいて工程能力を評価することにします。

個別の分布の識別を使用して、ボックスーコックス変換またはジョンソン変換を使ってデータを変換し、ワークシート内の変換後のデータ値をさらに詳しい分析のために保存しておくことができます。たとえば、品質分析者が、正規性の仮定に基づく統計的分析をいくつか実行する必要があるとします。正規性検定が、サンプルの工程データが正規分布から抽出されていないことを示している場合、分析者は個別の分布の識別を使用して、ボックスーコックス変換やジョンソン変換を用いてデータを変換して、各変換の有効性を評価して、変換後の値をさらに詳しく分析します。

この分析の場所

個別の分布の識別を実行するには、統計 > 品質ツール > 個別の分布の識別を選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください