測定システムは許容範囲内か

AIAG1のガイドラインによれば、測定システムの変動が工程変動の10%未満であれば、測定システムを許容できます。工程変動を評価するには、出力された[%基準変動]列(%公差、%工程変動)の合計ゲージR&R寄与度を表の値と比較します。
工程変動の割合 許容性
10%未満 測定システムは許容されます。
10%から30% 測定システムは、アプリケーション、測定装置のコスト、修復のコスト、または他の要因に応じて許容されます。
30%を超える 測定システムは許容されません。

分散成分の使用についてのガイドライン

この表は、分散成分の使用に対応するガイドラインを示しています。分散成分を評価するには、出力された[寄与度]列を表の値と比較します。
分散成分の割合 許容性
1%未満 測定システムは許容されます。
1%から9% 測定システムは、アプリケーション、測定装置のコスト、修復のコスト、または他の要因に応じて許容されます。
9%を超える 測定システムは許容されません。
重要

またAIAGでは、測定システムで工程出力が区分される知覚区分数は、5以上であることを推奨しています。

1 Automotive Industry Action Group (AIAG) (2010). Measurement Systems Analysis Reference Manual, 4th edition. Chrysler, Ford, General Motors Supplier Quality Requirements Task Force
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください