工程公差とは、顧客の要件を満たす、部品で許容される変動量です。具体的には、工程公差は上側規格と下側規格の差です。

たとえば、上側規格が0.36mm、下側規格が0.34mmの場合、工程公差は0.02mmということになります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください