工程変動の要因とは

観測された工程変動は、2つの要因に分けられます。
部品間の変動
異なる部品間の測定値の変動。ほとんどの変動が部品間の差で説明できることが理想です。
測定システムの変動
測定システムの変動は、測定工程に関連するすべての変動です。変動の潜在的な要因として、ゲージ、標準、手順、ソフトウェア、環境的な成分などがあります。
他の工程と同様、測定システムも一般原因と特別原因の変動による影響を受けます。測定システムの変動を制御するには、変動の要因を特定し、そのさまざまな原因を解消するか削減する必要があります。測定システムの変動は、2つの要因に分けられます。
繰り返し性
繰り返し性は、測定装置に起因する変動です。これは、同じ測定者が同じゲージを使用して同じ条件で同じ部品を何度も測定した場合に観測される変動です。
再現性
再現性は、測定システムに起因する変動です。これは、異なる測定者が同じゲージを使用して同じ条件で同じ部品を何度も測定した場合に観測される変動です。
再現性は、2つの要因に分けられます。
  • 測定者: 異なる測定者に起因する測定値の変動。
  • 測定者*部品: 部品と測定者を個別に考慮した後、測定者と部品の異なる組み合わせに起因する測定値の変動。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください