属性データと連続データの比較

通常、属性データは標準測定データを得るのが困難な場合に収集します。連続変数が無限の数の値を取るのに対し、属性変数は指定したカテゴリにのみ分類されます。

連続測定の長所は、一般により詳細な情報が得られることです。属性データの長所は、一般に収集がより簡単であることです。属性データの短所は、一般に検査者の解釈に左右されることです。たとえば、ある検査者が定義する欠け目の欠陥が、他の検査者とは異なる場合があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください