タイプ1ゲージの分析のオプションの指定

統計 > 品質ツール > ゲージ分析 > タイプ1ゲージ > オプション
Cg計算の%公差
CgおよびCgKを計算するための公差(%)を指定する定数を入力します。デフォルト値は20で、10~20の値が一般的です。しかし、0~100の任意の正の値を入力できます。
基準変動
測定値の変動幅を予測するために標準偏差に掛ける定数を入力します。デフォルトの乗数は6(工程測定値の99.73%を含むのに必要な標準偏差の数)です。

1つの規格のみを用意して測定値の99.73%を含めたい場合、6を3に変更する必要はありません。これらの計算では定数を2で割ります。

分解能
既知のゲージ分解能の値を入力します。分解能と交差(上側規格 - 下側規格)の両方を指定すると、分解能が交差の5%と比べて小さいか、等しいか、または大きいかどうかが特定されます。一般に、分解能は公差の5%を超えるべきではありません。
偏りの検定なし
偏りの検定を行わないようにするには、このオプションを選択します。
タイトル
ゲージ分析にカスタムタイトルを入力できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください