タイプ1ゲージの分析のデータに関する考慮事項

結果が有効であることを保証するために、データを収集し、分析を実行し、結果を解釈するときには次のガイドラインについて考慮します。

参照部品には既知の標準測定値が必要である
単一の参照部品を1人の測定者が数回測定することにより、測定システムの繰り返し性を評価することができます。参照部品の実際の測定値は既知である必要があります。
適切に分析を行うためには50個の測定値が必要である
Minitabでは、10個以上の測定値があれば繰り返し性と偏りの統計量を計算できます。しかし、適切に分析を行うためには50個の測定値が必要です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください