ゲージの線形性と偏りの分析のデータの入力

統計 > 品質ツール > ゲージ分析 > ゲージの線形性と偏りの分析

ゲージの線形性と偏りの分析のデータを指定するには、次の手順を実行します。

  1. 部品番号に部品名または部品数が含まれている列を入力します。
  2. 参照値に、部品ごとに参照値が含まれている列を入力します。 参照値とは、部品ごとの既知の標準測定値です。
  3. 測定データに、観測された測定値が含まれている列を入力します。
  4. (オプション)工程変動に、6 * 工程標準偏差を表す値を入力します(分かっている場合)。 ゲージのR&R分析からのセッションウィンドウ出力の基準変動(6 * SD)列にある全変動行から工程標準偏差を入力するか、既知の値(6 * 標準偏差の経験値)を入力することができます。

このワークシートでは、部品には部品番号識別子が含まれ、参照値には既知の標準測定値が含まれ、応答には各部品の測定値が含まれます。
C1 C2 C3
部品 参照値 応答
1 2 2.7
1 2 2.5
1 2 2.4
2 2 2.5

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください