交差ゲージR&R分析の例

あるエンジニアが予想される工程変動範囲を代表する10個の部品を選択します。3名の測定者がその10個の部品をランダムな順序で3回ずつ測定します。

エンジニアが交差ゲージR&R分析を実行し、測定システムが原因で発生している可能性のある測定値の変動を評価します。

  1. サンプルデータゲージデータ.MTWを開きます。
  2. 統計 > 品質ツール > ゲージ分析 > ゲージR&R (交差)を選択します。
  3. 部品番号部品を入力します。
  4. 測定者測定者を入力します。
  5. 測定データ測定値を入力します。
  6. 分析法で、分散分析を選択します。
  7. オプションボタンをクリックします。工程公差で、上側規格 - 下側規格を選択し、「8」と入力します。
  8. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

こちらの二元配置分散分析表は、部品、測定者、および部品と測定者の交互作用の項を含みます。交互作用のp値が0.05以上の場合は有意ではないため、Minitabではその交互作用が完全モデルから除外されます。この例では、p値は0.974であるため、最終モデルから交互作用を除外した2番目の二元配置分散分析表が生成されます。

測定誤差の各要因による変動を全変動と比較するには分散成分を使用します。これらの結果では、ゲージR&R表の寄与度列に、部品間の変動が92.24%であることが示されています。この値は、合計ゲージR&Rの7.76%よりもはるかに大きい値です。したがって、変動の大部分が、部品間の差によることがわかります。

測定システムの変動を全変動と比較する際には、%基準変動を使用します。合計ゲージR&Rは基準変動の27.86%です。この合計ゲージR&Rの寄与度は用途によっては許容できる場合があります。詳細は、測定システムは許容範囲内かを参照してください。

このデータでは、知覚区分数は4です。AIAGの基準では、値が5以上のときに適切な測定システムとみなされます。詳細は、知覚区分数の使用を参照してください。

グラフから、測定システムに関する次の情報も得られます。
  • 変動成分グラフでは、部品間の寄与度が合計ゲージR&Rよりも大きくなっています。したがって、変動の大部分が、部品間の差によることがわかります。
  • 測定者別R管理図は、測定者Bの部品の測定に一貫性がないことを示しています。
  • 測定者別Xbar管理図では、ほとんどの点が管理限界を超えています。したがって、変動の大部分が、部品間の差によることがわかります。
  • 部品別グラフは、部品間の差が大きいことを示しています。
  • 測定者別グラフでは、測定者間の差は部品間の差より小さくなっていますが有意です(p値 = 0.00)。測定者Cの測定値は、他の測定者よりやや低くなっています。
  • 測定者*部品交互作用グラフでは、直線はほぼ平行で、表に表示されている測定者*部品交互作用のp値は0.974です。これらの結果は各部品と測定者の間に有意な交互作用が存在しないことを示しています。

ゲージR&R-分散分析法

二元配置の分散分析表 (交互作用あり) 要因 自由度 平方和 平均平方 F値 p値 部品 9 88.3619 9.81799 492.291 0.000 測定者 2 3.1673 1.58363 79.406 0.000 部品 * 測定者 18 0.3590 0.01994 0.434 0.974 繰り返し性 60 2.7589 0.04598 合計 89 94.6471 交互作用項を削除するためのα= 0.05
二元配置の分散分析表 (交互作用なし) 要因 自由度 平方和 平均平方 F値 p値 部品 9 88.3619 9.81799 245.614 0.000 測定者 2 3.1673 1.58363 39.617 0.000 繰り返し性 78 3.1179 0.03997 合計 89 94.6471

ゲージR&R

分散成分 (分散成 分の)寄 要因 分散成分 与度 合計ゲージR&R 0.09143 7.76 繰り返し性 0.03997 3.39 再現性 0.05146 4.37 測定者 0.05146 4.37 部品間 1.08645 92.24 全変動 1.17788 100.00

工程公差 = 8

ゲージ評価 標準偏 基準変動 %基準変 %公差 要因 差 (SD) (6×SD) 動(%SV) (SV/公差) 合計ゲージR&R 0.30237 1.81423 27.86 22.68 繰り返し性 0.19993 1.19960 18.42 14.99 再現性 0.22684 1.36103 20.90 17.01 測定者 0.22684 1.36103 20.90 17.01 部品間 1.04233 6.25396 96.04 78.17 全変動 1.08530 6.51180 100.00 81.40

知覚区分数 = 4

測定値に対するゲージR&R

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください