計数ゲージ分析(分析法)のオプションの指定

統計 > 品質ツール > ゲージ分析 > 計数ゲージ分析 (分析法) > オプション

ゲージの偏りを検定する方法を選択し、出力のタイトルを変更します。

偏り0の検定
偏りの検定に使用する方法を選択します。
  • AIAG法: AIAG法で偏りを検定する場合、6個の部品の許容数が、0より大きく20(AIAGで許容される最大許容数)未満であることが必要です。AIAG法を使用してゲージの偏りを検定する場合は、各部品につき20回の試行が必要です。
  • 回帰法: 回帰法で偏りを検定する場合は、参照値の2つの極値の間に7個以上の部品が存在してもかまいません。部品ごとの試行回数は15回以上であれば検定を実行できます。
タイトル
ゲージ分析にカスタムタイトルを入力できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください