属性の一致性分析の概要

検査者が、検査者自身、他の検査者、または既知の標準と一貫性があるかどうかを評価するには、属性の一致性分析を使用します。たとえば、ある品質エンジニアが、綿布地のプリント品質を評価する検査者の評価の一貫性と正確性を評価したいと考えています。

属性データは、直接の物理的測定値ではなく、検査者による主観的な評価です。データは、2値、名義、または順序になります。たとえば、衣料品製造会社の検査者は、次のようないくつかの異なる方法で布地サンプルを評価できます。
  • 検査者は2値評価を使用して、サンプルを合格または不合格に評価できます。
  • 検査者は順序評価を使用して、サンプルを1~10段階で評価できます。
  • 検査者は名義評価を使用して、サンプルを薄い青、中間の青、または濃い青と評価できます。

この分析の場所

属性の一致性を分析するには、統計 > 品質ツール > 属性の一致性分析を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください