S管理図とR管理図のどちらを使用するのか

S管理図もR管理図も、サブグループ変動性の測度となります。データの広がりを表す場合、S管理図では標準偏差が使われますが、R管理図では範囲が使われます。
どのようなときにS管理図を使用するのか
サブグループサイズが9以上である場合は、S管理図を使います。S管理図はサブグループの工程標準偏差を算出するためにデータの全部を使います。データ収集が迅速で安価である場合、高生産率の工程にはS管理図を使うことを考慮すべきです。
どのようなときにR管理図を使用するのか
サブグループサイズが8以下の場合は、R管理図を使います。

MinitabのR管理図の最大サブグループサイズは100です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください