移動範囲管理図の例

ある品質エンジニアは、液体洗剤の製造を監視しており、工程が正常に管理されているかどうかを評価したいと考えています。このエンジニアは、25の連続バッチの洗剤のpHを測定します。

エンジニアは、洗剤の工程を監視するために移動範囲管理図を作成します。

  1. サンプルデータ洗剤pH.MTWを開きます。
  2. 統計 > 管理図 > 計量管理図 - 個別 > 移動範囲を選択します。
  3. 変数pHを入力します。
  4. 移動範囲オプションをクリックします。
  5. 検定タブで、1点>中心線からのK標準偏差(テスト1)と連続するK点が中心線の片側にある(テスト2)を選択します。
    特定の状況にどのテストを適用すべきかわからない場合は、テスト1とテスト2を使用します。
  6. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

移動範囲管理図のすべての点は管理限界内にあり、点はランダムパターンを示しています。したがって、工程変動は正常に管理されており、個別管理図で工程中心を調べることができます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください