CUSUM(累積和)管理図のデータを入力する

統計 > 管理図 > 時間重み付き管理図 > CUSUM(累積和)

使用するデータに最も当てはまるオプションを選択してください。

すべての測定値を1つの列に入力

CUSUM管理図の測定データを1つの列に入力する場合は、次の手順を実行します。

  1. ドロップダウンリストから、[すべての観測値が1つの列にある]を選択します。
  2. 測定データの列を1つ以上入力します。複数の列を入力すると、列ごとに別個のCUSUM管理図が作成されます。
  3. [サブグループサイズ]で、次のいずれかを実行します。
    • すべてのサブグループが同じ大きさである場合は、そのサブグループサイズ(5など)を入力できます。
    • 各測定値を取得したサブグループを識別する値の列を入力します。
  4. [目標]に、顧客、技術者、または管理者によって決められる製品パラメータの理想的な値を入力します。
    CUSUM統計量は、この目標値からの累積偏差です。目標値は、通常(必ずではない)下側規格限界と上側規格限界の中心に位置します。平均値が目標値に近くなることが理想です。
このワークシートでは、「長さ」に部品の長さが含まれ、「サブグループ」にサブグループ指標が含まれます。
C1 C2
長さ サブグループ
0.65 1
0.69 1
0.67 1
0.67 1
0.62 2
0.59 2
0.59 2
0.60 2

各サブグループの測定値は異なる行にあります。

ワークシートの各行に1つのサブグループの測定データが含まれる場合は、次の手順を実行します。

  1. ドロップダウンリストから、[サブグループが列をまたいでいる]を選択します。
  2. 測定データを含む列を入力します。
  3. [目標]に、顧客、技術者、または管理者によって決められる製品パラメータの理想的な値を入力します。
    CUSUM統計量は、この目標値からの累積偏差です。目標値は、通常(必ずではない)下側規格限界と上側規格限界の中心に位置します。平均値が目標値に近くなることが理想です。
このワークシートでは、サブグループ1のデータは列1~4の1行目にあります。サブグループ2のデータは列1~4の2行目にあります。
C1 C2 C3 C4
測定値1 測定値2 測定値3 測定値4
0.65 0.69 0.67 0.67
0.62 0.59 0.59 0.60
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください