多変量EWMA管理図のデータを入力する

統計 > 管理図 > 多変量管理図 > 多変量EWMA (指数重み付き移動平均)

多変量EWMA管理図では、各変数のすべての測定値は個別の列にある必要があります。

  1. 変数に、測定データの列を入力します。
  2. サブグループサイズで、次のいずれかを実行します。
    • すべてのサブグループが同じ大きさである場合は、そのサブグループサイズ(5など)を入力します。
    • 各測定値を取得したサブグループを識別する値の列を入力します。
  3. ARLに、平均実験長(ARL)を入力します。
    ARLは、管理外の信号が発生する前にプロットされたサブグループの平均数です。デフォルトのARLは200です。許容される最小ARLは1です。
  4. 重みに、多変量の指数重み付き移動平均のための重みを入力します。
    値は0から1の間の数値でなければなりません。
このワークシートでは、「変数1」と「変数2」に測定データが含まれます。「サブグループ」は、各測定値を取得したサブグループを識別します。
C1-T C2 C2
サブグループ 変数1 変数2
1 10.2 25.2
1 10.5 23.6
1 9.8 26.2
2 9.9 24.7
2 10.3 25.1
2 10.4 24.4
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください