レイニー・Uの管理図の例

ある病院グループの品質責任者が、投薬ミス率を評価したいと考えています。投薬ミスにはたとえば投薬時間の誤り、投薬量の誤り、薬の種類の誤りなどがあります。責任者は、32週間にわたって毎週の患者数と投薬ミス数を記録します。

患者の数が多く、平均サブグループサイズは7500を超えており、データは過分散になっています。そのため責任者は、従来のU管理図ではなくLaney U'管理図を使用して投薬ミスを監視することにします。

  1. サンプルデータを開く投薬ミス.MTW
  2. 統計 > 管理図 > 計数管理図 > Laney U′を選択します。
  3. 変数投薬ミスを入力します。
  4. サブグループサイズ患者を入力します。
  5. U'オプションをクリックします。
  6. 検定タブをクリックし、1点>中心線からのK標準偏差(テスト1)および連続するK点が中心線の片側にある(テスト2)を選択します。
    特定の状況でどのテストを適用すべきかわからない場合は、最初にデータに基づく管理限界を確立するときに、テスト1と2を使用します。
  7. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

サンプルサイズが同じではないため、管理限界はさまざまです。Sigma Z値(およそ5.5)は1より大きくなっており、これは、過分散を調整するため、Laney U'管理図での管理限界が従来のU管理図での管理限界よりも広くなっていることを示しています。サブグループ23はテスト1で不合格となったため、責任者は医療ミスの比率は管理されていないと結論します。

TEST 1. One point more than 3.00 standard deviations from center line. Test Failed at points: 23 * WARNING * If graph is updated with new data, the results above may no * longer be correct.
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください