ある壁紙製造会社の品質エンジニアが、印刷工程の安定性を評価する計画を立てています。エンジニアは1時間ごとに100フィートの壁紙のサンプルを抽出し、印刷の欠陥数を数えます。印刷の欠陥には、印刷のにじみ、パターンのゆがみ、インクの印刷落ちがあります。

エンジニアは、C管理図を作成して欠陥数を監視します。

  1. サンプルデータを開く壁紙欠陥.MTW
  2. 統計 > 管理図 > 計数管理図 > Cを選択します。
  3. 変数欠陥を入力します。
  4. C管理図オプションをクリックします。
  5. 検定タブをクリックし、1点>中心線からのK標準偏差(テスト1)および連続するK点が中心線の片側にある(テスト2)を選択します。
    特定の状況でどのテストを適用すべきかわからない場合は、最初にデータに基づく管理限界を確立するときに、テスト1と2を使用します。
  6. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

サンプルあたりの平均欠陥数は36.68です。サンプル12および13は、管理限界の外側にあるため、テスト1で不合格となりました。したがって、工程は管理外です。エンジニアは、特殊原因の変動に寄与しているすべての要因を特定して修正する必要があります。

検定1。1点が中心線から3.00標準偏差を超えています。 検定が不合格となった点: 12, 13 * 警告 * 新しいデータでグラフが更新された場合、上記の結果が正しくなくなることが あります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください