ワイブル分布が非正規工程能力分析のデフォルトの分布である理由

ワイブル分布は、非正規データをモデル化するために最も一般的に使用される分布です。ワイブル分布は、形状、尺度、および位置パラメータによって表されます。パラメータの値に応じて、ワイブル分布はさまざまな形状になります。

形状パラメータの影響
尺度パラメータの影響
位置パラメータの影響
ワイブル分布の主な利点の1つは、他のタイプの分布の特性に似せることができ、異なる種類のデータを適合させる場合の柔軟性が非常に高くなっている点です。他の分布の代わりにワイブル分布を使用する例を次に示します。
  • 指数分布は、放射線や風速の広がりを分析するために多く使用されるワイブル分布の特殊な例です。
  • ワイブル分布は、データが歪んでいる場合に正規分布の代わりに使用できます。

非正規工程能力分析のその他の分布

Minitabには、非正規工程能力分析のデータをモデル化するために、次の非正規分布が用意されています。
  • 対数正規
  • 3-パラメータ対数正規
  • 指数
  • 2-パラメータ指数
  • ガンマ
  • 3-パラメータガンマ
  • ロジスティック
  • 対数ロジスティック
  • 3-パラメータ対数ロジスティック
  • 最小極値
  • 最大極値

どの分布がデータに最適なのかを判断するには、工程に関する知識と個別の分布の識別などの分布の適合検定の結果を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください