PPMとは

PPMは、工程内の不適合部品の数を示し、100万個あたりの部品数で表されます。たとえば、ファストフードショップの店長が、1000人の顧客のうち20人が3分以上待たされることを確認しているとします。つまり、PPM = (20/1000) * 1000000 = 20000となります。これは、100万人の顧客のうち2万人がサービスを受けるのに3分以上待つことを意味しています。

PPMがCpkやPpkよりも包括的な基準である理由

CpkとPpkは工程能力で最も一般的に使用される基準ですが、工程平均に最も近い規格限界のみに関する工程の性能を測定します。したがって、工程曲線の片側のみを評価し、工程曲線のもう片側での工程の性能は直接的には示されません。

工程曲線の両側での工程の性能がより明確に示されるようにするには、PPMなどの他のインデックスを使用します。PPM < LSLは、下側規格限界よりも小さい不適合部品の数を示します。PPM > USLは、上側規格限界よりも大きい不適合部品の数を示します。PPM合計は、両方の規格限界の外側にある不適合部品の合計数を示します。工程改善の前後のPPM値を比較することで、工程改善によって工程曲線の両側で実際に減少した規格外部品の数を明確に把握できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください