正規工程能力シックスパックにおける全体の工程能力測定の方法と計算式

Pp

表記

用語説明
USL上側規格限界
LSL下側規格限界
Tolerσ公差の乗数(デフォルト値として6が使用されます)
全体の標準偏差

Ppk

Cpm

Cpmは、目標が設定されている場合にのみ使用できます。Cpmは、LSL、USL、およびTの既知の値に基づいて計算されます。

既知の値 Cpm
LSLとUSLのみ *
LSL、USL、およびT = m
LSL、USL、およびT ≠ m
USLとTのみ
LSLとTのみ
LSLまたはUSLのみ *

表記

用語説明
*欠損値
USL上側規格限界
LSL下側規格限界
mUSLとLSLの中間点
T目標値
Xiji番目のサブグループ内のj番目の観測値
nii番目のサブグループ内の観測値数
Tolerσ公差の乗数(デフォルト値として6が使用されます)

期待される全体性能のPPM合計

規格限界外にあると期待される、100万個あたりの部品数は、全体の工程変動に基づいて、次のように計算されます。

表記

用語説明
PPM100万個あたりの部品数
LSL下側規格限界
USL上側規格限界
Φ (X)標準正規分布の累積分布関数(CDF)
観測値の平均
全体の標準偏差

全体の工程能力のZ.LSL、Z.USL、およびZベンチ

全体の工程能力のZベンチ統計量は、対応する統計量の標準正規(0,1)分布を使用してZ値を求めることによって計算されます。

ここで、

表記

用語説明
Φ (X)標準正規分布の累積分布関数(CDF)
Φ-1 (X)標準正規分布の逆CDF
全体の標準偏差
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください