非正規工程能力シックスパックの概要

非正規工程能力シックスパックを使用して、非正規工程能力分析の仮定を評価し、全体の工程能力の主要なインデックスのみを評価します。この分析方法を使用することにより、次の分析を行うことができます。

  • 工程変動が安定しており、管理されているかどうかを判断する
  • データが特定の非正規分布に従うかどうかを判定する
  • 全体の工程能力(Pp、Ppk)を推定する

分析を実行するには、下側または上側(または両方)の規格限界を指定して工程の要件を定義する必要があります。データをモデル化するための非分散分析も選択する必要があります。この分散では、規格限界に関連する工程データの広がりを評価します。工程に十分な能力がある場合、工程広がりは規格広がりよりも小さくなります。この分析では、規格を満たさない製品の比率も推定します。

たとえば、医療センターの管理者が、診察時間を予約した患者の待ち時間を評価するとします。管理者は、予約時間から15分以内に患者が医師の診断を受けることができるようにしたいと考えています。管理者は、ワイブル分布を工程データに適合させてその工程能力を分析します。

この分析の場所

非正規工程能力シックスパックを実行するには、統計 > 品質ツール > Capability Sixpack > 非正規を選択します。

他の分析を使用する場合

  • データに最もよく適合する非正規分布が不明な場合は、この分析を実行する前に、個別の分布の識別を使用します。

  • 主要なインデックスに加えて、より完全な工程能力の測度セットを評価する場合は、非正規能力分析を使用します。

  • 正規分布に基づいて工程能力を評価する場合の仮定を確認する場合は、非正規データの変換後に、正規工程能力シックスパックを使用します。

  • バッチ工程など、サブグループ間で大きな変動が生じる工程の場合は、サブグループ間・内の工程能力シックスパックを使用して、サブグループ間/内の工程能力分析の仮定について評価します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください