ポアソン分布の工程能力分析の例

ある品質エンジニアが、電線の絶縁工程を評価したいと考えています。エンジニアは、無作為に抽出した長さの電線を用意し、それらの電線にテスト電圧を印加して絶縁の弱い部分があるかどうかテストします。そして、弱い部分(欠陥)の数とメートル単位の各電線の長さを記録します。

エンジニアは、電線の絶縁工程が要件をどの程度満たしているかを評価するためにポワソン工程能力分析を実行します。

  1. サンプルデータ電線不良.MTWを開きます。
  2. 統計 > 品質ツール > 工程能力分析 > ポアソンを選択します。
  3. 欠陥弱い部分を入力します。
  4. サンプルサイズで、次の列のサイズを使用を選択し、長さを入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

欠陥率グラフは、サンプルサイズが大きくなるにつれて、測定値のユニットあたりの欠陥数がわずかに減少していることを示しています。U管理図は、1つの管理外れの点を除いて工程が安定していることを示しています。工程能力分析の過程が満たされていることを確認するために、エンジニアは、サンプルサイズの効果と工程の安定性について調査する必要がある可能性があります。

累積DPU管理図は、DPUが比較的安定していることを示しています。推定されたDPU平均値は0.0265です。したがって、電線の欠陥(弱い部分)は平均して37.7(1/0.0265)メートルごとに発生します。DPUの信頼区間(CI)は、DPU平均値が0.0237~0.0295の区間に含まれていることを95%の信頼度で確信できることを示しています。エンジニアは、工程を改善することによってさらにDPUを低減する方法について検討する必要があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください