正規工程能力分析の分析オプションの選択

統計 > 品質ツール > 工程能力分析 > 正規 > オプション

目標 (Cpmを表に追加)

工程に目標値があれば、値を入力します。目標値を入力すると、Cpmが計算されます。Cpmは、データが目標値からどれだけ離れているかについても考慮に入れた工程能力インデックスです。

工程能力統計にK×σの許容限界を使用する K =

公差の幅を標準偏差(σ)の数によって入力します。デフォルトでは、公差は標準偏差の6倍の幅です(工程平均から両側にそれぞれ標準偏差の3倍)。

K値は、両側公差の幅として解釈されます。片側公差を使用する場合は、片側公差値の2倍に相当する両側公差値を入力します。たとえば、3σの片側公差を使用する場合は、「6」と入力します。

入力する許容限界を、実行するすべての工程能力分析のデフォルト設定とする場合は、ツール > オプション > 管理図と品質ツール > 工程能力分析を選択し、デフォルトの許容限界を入力します。

分析を実行する

デフォルトでは、サブグループ内の工程能力分析および全体の工程能力分析がともに実行されます。いずれかの分析を実行しない場合は、そのチェックボックスを選択解除します。

サブグループ内分析
サブグループ内分析を実行します。サブグループ内分析は、工程の潜在的な(短期の)能力を示します。この分析は、サブグループ間のシフトとドリフトが除外された場合に達成可能な工程の性能を推定します。

データにJohnson変換を使用する場合、サブグループ内分析は計算できません。その場合、全体の工程能力のみが表示されます。

全体の分析
全体分析を実行します。全体分析は、工程の実際の(長期の)能力を示します。この分析は、顧客が実際に体験する性能を推定します。

表示

規格外の期待値と観測値の表示方法を選択します。
  • PPM: 値をPPM(百万分率)で表示します。
  • パーセント: 値をパーセントで表示します。
Minitabで表示する工程能力測度を選択します。
  • 工程能力統計量 (Cp、Pp): CpおよびPpなどの工程能力インデックスを計算し、表示します。
  • Zベンチ (σ水準): Zベンチ値を計算し、表示します。Zベンチを使用するかどうかの選択は、会社または業界の慣習によります。

工程能力分析を実行する場合にはいつでも、デフォルトでベンチマークZを表示する場合は、ツール > オプション > 管理図と品質ツール > 工程能力分析を選択し、デフォルトの表示設定を変更します。

信頼区間を含む
工程能力インデックスの信頼区間を表示する場合に選択します。
信頼水準
0~100の信頼水準を入力します。通常は95%の信頼水準が適切です。95%の信頼水準は、工程から100個のランダムなサンプルを収集した場合に、約95個のサンプルの信頼区間に工程能力インデックスの実際の値が含まれている(すべての工程データが収集、分析可能な場合)と期待されることを示します。
与えられたデータセットに対して、信頼水準が低いほど信頼区間は狭く、信頼水準が高いほど信頼区間は広くなります。また、区間の幅はサンプルサイズが大きくなるほど狭くなる傾向があります。したがって、次のように、サンプルサイズに応じて95%以外の信頼水準を使用する場合もあります。
  • サンプルサイズが小さい場合、95%の信頼区間は広すぎて有用ではない可能性があります。信頼水準を90%などに下げることにより、信頼区間が狭くなります。ただし、その区間に工程能力インデックスが含まれる尤度は低くなります。
  • サンプルサイズが大きい場合、99%などの高い信頼水準を使用することを検討します。サンプルが多ければ、信頼水準が99%であっても適度に狭い区間が得られ、区間に工程能力インデックスが含まれる尤度を高くできる可能性があります。
信頼区間
表示する信頼区間または限界のタイプを選択します。
  • 両側: 上限と下限の両方がある信頼区間を表示します。
  • 下限: 下側信頼限界のみを表示します。工程能力インデックスが指定値よりも大きくなる可能性があるかどうかだけを評価する必要がある場合は、下限のみを表示できます。
  • 上限: 上限のみを表示します。工程能力インデックスが指定値未満になる可能性があるかどうかだけを評価する必要がある場合は、上限のみを表示できます。

タイトル

工程能力レポートの新しいタイトルを入力できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください