多重変数の正規工程能力分析のグラフ表示の指定

統計 > 品質ツール > 工程能力分析 > 多重変数 (正規) > グラフ
密度関数を重ねたヒストグラム
変数ごとに密度関数を重ね合わせたヒストグラムを表示する場合に選択します。
  • 同じx軸目盛り: 同じX軸のスケールを使用して、すべての変数のヒストグラムを表示します。ヒストグラム上に表示する値の範囲を指定するには、最小値と最大値を入力します。値を入力しなかった場合、データからX軸の範囲が決定されます。
    最小値
    すべての変数の重ね合わせヒストグラムのX軸上に表示する最小値を入力します。
    最大値
    すべての変数の重ね合わせヒストグラムのX軸上に表示する最大値を入力します。
  • 異なるx軸目盛り: 異なるX軸のスケールを使用して、各変数のヒストグラムを表示します。ヒストグラムの各スケール上に表示する値の範囲を指定するには、最小値と最大値を入力します。値を入力しなかった場合、データからX軸の範囲が決定されます。
    最小値
    各変数に対してX軸上に表示する最小値を指定するには、1つの値、複数の値、または値の列を入力します。1つの値を入力した場合、すべての変数またはグループに適用されます。複数の値、または複数の値を含む列を入力した場合、値は、変数で入力した列またはグループ変数列のグループに順番に対応付けられます。
    最大値
    各変数に対してX軸上に表示する最大値を指定するには、1つの値、複数の値、または列を入力します。1つの値を入力した場合、すべての変数またはグループに適用されます。複数の値、または複数の値を含む列を入力した場合、値は、変数で入力した列またはグループ変数列のグループに順番に対応付けられます。
正規確率プロット
各変数に正規確率プロットを表示します。正規確率プロットは、各変数のデータが正規分布に従っているかどうかを評価する場合に使用します。これは、正規工程能力分布において重要な仮定です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください