における期待される性能の方法と計算式多重変数の非正規工程能力分析

期待される全体性能のPPM < LSL

測定値が下側規格限界より小さいと期待される部品の100万個あたりの数は、次のように計算されます。

PPM < LSL = 1,000,000 * F(LSL)

表記

用語説明
F(X)推定パラメータまたは指定パラメータに基づいて分析で使用される分布の累積分布関数(CDF)
PPM100万個あたりの部品数
LSL下側規格限界

期待される全体性能のPPM > USL

測定値が上側規格限界より大きいと期待される部品の100万個あたりの数は、次のように計算されます。

PPM > USL = 1,000,000 * (1 – F(USL))

表記

用語説明
F(X)推定パラメータまたは指定パラメータに基づいて分析で使用される分布の累積分布関数(CDF)
PPM100万個あたりの部品数
USL上側規格限界

期待される全体性能のPPM合計

規格限界外にあると期待される、100万個あたりの部品数は、次のように計算されます。

PPM Total(全体期待) = PPM < LSL(全体期待) + PPM > USL(全体期待)

PPM Total(期待全体) = [1,000,000 * F(LSL)]+ [1,000,000 * (1 – F(USL))]

表記

用語説明
F(X)推定パラメータまたは指定パラメータに基づいて分析で使用される分布の累積分布関数(CDF)
LSL下側規格限界
USL上側規格限界
PPM100万個あたりの部品数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください