二項分布、超幾何分布、ポアソン分布のどれを使用するのか

サンプリング計画を作成、および合格/不合格データのサンプリング計画を比較する場合、デフォルトでは二項分布が使用されます。二項分布を正しく使用するために、Minitabではサンプルが大きなロット(サンプルサイズの10倍以上)から得たもの、または進行中の工程からランダムに選択されたロット群から得たものと仮定します。サンプリングの応用の多くは、この仮定を満たします。

ただし、サンプリング元の製品ロットが有限サイズの孤立したロットである場合、たとえば、特別注文したラベル500枚の出荷を受け取るとすると、合格確率を計算するための正確な分布は、超幾何分布になります。この応用は大きなロットまたは連続ロットほど一般的ではありませんが、ときどき超幾何分布を指定しなければならない場合があります。

このオプションは、合格/不合格(不良品)データがある場合とロットサイズを指定する場合にのみ使用できます。Minitabでは、欠陥数を数える場合はポアソン分布が使用されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください