検査特性(OC)曲線とは

検査特性(OC)曲線は、抜取計画の識別能力を表します。OC曲線は、ロットの検査合格率と不良率の対比をプロットします。

OC曲線をプロットすると、サンプリングリスクが明確に示されます。抜取計画を使用する前に、必ずOC曲線を調べることをお勧めします。

たとえば、5000本のペンから52本をサンプルとして取ります。実際の不良率が1.5%だった場合は、サンプルに基づいたこのロットの合格率は0.957、不合格率は0.043です。実際の不良率が10%だった場合は、このロットの合格確率は0.097、不合格率は0.903です。

抜取計画を評価するときには、OC曲線、AOQ曲線、およびATI曲線を合わせて調べます。

OC曲線を使用した適切な抜取計画の選択

OC曲線を比較することで、適切な抜取計画を選択できます。この例で、シフト責任者は5000本のペンから52本をサンプル抽出するのは多すぎると考えています。さまざまなサンプルサイズと合格数の曲線を作成し、リスクの増加を具体的に示すこともできます。

サンプルサイズが35(赤の線)のとき、不良率が10%であれば、このロットの合格率は0.306です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください