ベータ分布は0~1の確率変数で使用します。ベータ分布は多くの場合、順序統計量の分布(たとえば、n個の一様(0, 1)変数のサンプルからのk番目の順序統計量はベータ(k, n + 1 – k)分布を持つ)、および最小値と最大値によって定義される事象をモデル化するために使用されます。ベータ分布は多くの場合、タスクの完了までの時間をモデル化するために尺度が変更されます。ベータ分布は、たとえば二項分布確率の以前の分布として、Bayes統計でも使用されます。

ベータ分布は、2つの形状パラメータによって定義される連続分布です。この分布は2つのパラメータの値によって異なる形状を取ります。

両方の形状が1と等しい

両方の形状が1と等しい場合、ベータ分布は一様分布になります。

両方の形状が1より小さい

両方の形状が1より小さい場合、分布はUの形状になります。

両方の形状が等しく1より大きい

両方の形状が等しく1より大きい場合、分布は左右対称になります。

第1形状が第2形状より大きい

第1形状が第2形状より大きい場合、分布は左方向に歪みます。

第1形状が第2形状より小さい

第1形状が第2形状より小さい場合、分布は右方向に歪みます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください